エディオン店舗Edionカードとは

エディオン(Edion)は郊外型の家電店舗

エディオン(Edion)は国内の家電店舗であったミドリ電化、DEODEO、エイデン、石丸電機などが数年かけて合併し、呼称をエディオンに統一し出来た家電チェーン店です。
店名をエディオンとして統一したのは2001年からですが、比較的最近までミドリ電化も残っていました。
今では旧式の店舗名の看板は見なくなりましたね。
日本全国に1186店舗(2011年2月現在)展開しています
ミドリ電化で親しまれていた関西地方でも、店舗ブランド統一化による改装でエディオンとなりました。
他業態で今でも残るのは「100満ボルト」です。

最近の新規OPEN店舗

2018年11月30日 「エディオン新下関店」オープン
山口県下関市秋根西町2-6-1 駐車場97台もあり車が止めやすいです

2018年11月9日「エディオンイオンモール津南店」グランドオープン
三重県津市高茶屋小森町145番地 イオンモール津南2階 イオンモールなので駐車場もしっかり

チェーン店をはじめ、集客を必要とする店舗のオープン日は、週末の集客を控えた金曜日に設定し、土日にお客様が来店しやすいようにします。
また、オープンセールとでは、既存店には無い特別価格の商品を数量限定で販売するなど、来店者へのサービスで新規のお客様を定着させようと様々な企画を用意してくれます。
また、近隣の店舗があれば、協賛セールと銘打って、似た商品構成の限定品を販売してくれることもあります。

このような大型の新店舗は、実際の営業の予行演習も兼ねて、通常の金曜日よりやや早い日の、月~木にプレオープンとして開店する場合もあります。このプレオープンでは、オープンセールほどの限定商品は出ないことが多いですが、初日は多少の限定品を出すこともあります。
そして、プレオープンが終わり本当の開店日をグランドオープンなどと言いいます。


エディオンの店舗を調べるには

エディオンの店舗のある場所を確認したい、近くにエディオンが無いか調べたいという時には、エディオンの公式サイトの店舗検索でも調べることができますが
この公式サイトの一覧では、大型ショップだけではなく、提携している個人営業の電機店(街の電気店のような)なども、同時に一覧リストで検索結果として表示されています。
しっかり確認せず、表示されている店舗へ行くと、狭い道に車が1台も止められないような、場所に行ってしまう事もあります。
ご近所さんの行くような電気店なので、車でショッピングという感じではありません。

エディオンのサイトで店舗検索する際は、大型店舗と提携店の見分け方を知った上で利用しましょう。

①調べた時の店名のマーク表示方法で見分ける


例)豊中市の店舗を検索した場合
・7店舗もリストアップされます(左図参照)
・左の青いロゴマークの下に「FC]とマークされています
・FCとは通常はフランチャイズの意味になります
提携店舗と言う事になります

ですので、通常の買い物に行くときは、FCのついていない店舗を確認してください

②店舗ページを開いた時の表示状態で見分ける

・デジタルチラシが掲載されている
・左下の取り扱い商品が多い

 

以上の項目を確認しながら下記からお近くの店舗を探してみて下さい。
https://search.edion.co.jp/e_store/

 

エディオンカードのお得さについて

エディオンをよく利用するなら、エディオンカードを作成しておくと会計時ポイントを貯め、次の支払いに利用できます。

エディオンカードの詳細
年会費:初年度無料*翌年以降:980円/年(税別)*150,000円以上購入していると無料
保証期間 : 3年・5年・10年
ポイント還元率:エディオンカード・ IDカード・あんしん保証カード
購入額100円に付き
家電パソコン =1ポイント
消耗品パソコンサプライまたは各種アクセサリー= 3ポイント
新品GAMEソフトや映像・音楽ソフト= 5ポイント

ポイント還元は十分な額であり、更にエディオンカード所持者への長期保証も物により付いてくるので、ぜひ利用したいカードです。


エディオンのアプリの特徴

 

エディオンアプリをスマホにインストールし詳細登録すると、店頭での会計時エディオンカードそのものを持っていなくても(入会していることが条件)アプリ画面をレジで提示することで、エディオンポイントを貯めることができるのです。
カードを忘れてしまうと、以前では自宅または登録している電話番号を口頭で伝えたり、レシートを次回持って行って加算してもらうという面倒なことになっていましたが、アプリがあるとスマホで加算できるので、忘れにくいですね。

エディオンアプリは毎日ログインするだけで、COINポイントが貯まったり

意外にお得な価格のシークレットセールの案内がアプリに届いたりします。
アプリを開くだけで1ポイントもらえるわけですから、毎日ついつい開いてしまいますね。

1,978円(税込)もお得!なシークレットセールで見つけた一品(2019/2/1時点の実績)

商品名:NEC無線LANルーター PAWG1900HP2(WIFIのルーターの1種です)

シークレットセールで見つけた価格 8,800円(税込)

エディオンのWEBショップサイトで同一品番を検索したところ

エディオンサイト価格 10,778円(税込)

何と差額、1,978円
意外にお得なシークレットセールの一例でした。
このようなお得なセールを見逃さないためにも、エディオンカード所持者はアプリをインストールしておくとお得です。

 

シークレットセール以外にも、お得なお知らせがありますので、アプリをたまには見ておけばラッキーがあるかもしれません。

 

エディオンアプリを開くと、右の角にあなたの、所持しているポイント残高も表示されますので、いつでも、残ポイントがわかります。
また、エディオンポイント残高は会計時のレシート下部やクレジットカードの明細とWEB上でも確認できます。

エディオンでお会計に使える支払い方法

エディオン店舗で支払いするには、現金はもちろん、今では多くなったクレジットカードでのお支払いは可能です。

更に新しい支払い方法として、普及してきている電子マネーでの決済にも対応しています。

現在(2019/2/5確認)エディオンで使用できる電子マネーの種類

楽天エディ/WAON/Quickpay/ID/ペイペイ


エディオンではリフォームも取り扱い

エディオンは家電量販店でありますが、意外にもリフォームも受け付けています。

 

 

リフォーム業者を探すのは、慣れない事のため、不安ですよね。

その点、普段から利用している、エディオンのような、店舗なら、価格や、対応に安心感があります。

「10年安心サポート」というサービスに加入することで、修理や工事補償が10年間受けられます。

更に「屋内水まわり」「玄関のカギ」救急駆け付けサービスという、さかもあり、困った時に利用できるとありがたいサービスもあります。

家電の買い物と違い、自宅のリフォームとなると、初めての方も多く、適切な注文ができてるのか、価格は適切なのか、判断が難しい案件になります。親切なリフォーム業者も知り合いを頼りにするのも困難です。
エディオンなどの、普段から利用できる企業にお願いできれば、価格やアフターフォローも安心ですね。

 

家電メンテナンスサポートというサービスについて

この、サービスは、家電製品のお手入れや、クリーニングをお願いできるサービスです。

ただのクリーニングではなく、プロの技術で、素人ではできないようなところまで、クリーニングや点検をしてくれます。

エアコンクリーニングは一般的にはなってきていますが、洗濯機の内部や、冷蔵庫まで、サービス対象物になっています。

●家電のプロのクリーニングサービス詳細

料金が明確で安心できます。

※機器内部まで、クリーニングするサービス

(価格は税別表示)

エアコン ¥11,000円 90分

レンジフード ¥16,000円〜 120分

洗濯槽  ¥8,400

●お掃除点検サービス

こちらも有料サービスです
<商品ごとの料金一覧>
「自宅への訪問型」

※価格は税別表示です

冷蔵庫 ¥4,800~

電子レンジ ¥3,400〜
洗濯機 ¥4,300~

掃除機 ¥2,400〜
テレビ ¥3,400~
エアコン ¥3,400〜
シーリングライト ¥2,400~

AV機器の配線まとめ ¥2,000~

「店舗への持込で対応できるタイプ」

パソコン ¥4,300~

空気清浄器 ¥3,400〜
扇風機 ¥2,000~

ファンヒーター ¥3,400〜
こたつヒーター¥2,000~

石油ストーブ ¥2,400~

スポンサーリンク