平成の次の新元号発表までのスケジュールなど

新元号発表までの主なスケジュール

2019年4月1日(月)新元号発表

2019年4月30日(火)平成最後の日

2019年5月1日(水)元号切り替え政令施行日

(2019年1月時点でのスケジュール予定)

ウィンドウズのOSの更新が間に合わないので、4/1に早めたそうです。

企業決算や公的な事務処理計算も重なる時期の為、実務面を考慮し当初の予定(4/11)より早めたようです。

2019年4月いよいよ平成の終わりが近づいて来ました。

それに伴い新しい元号が何になるのか、現在ではまだ不明です。

小渕総理が、白い半紙に「平成」と書いた紙をテレビに映していたことが懐かしいですね。

しかも、あの「平成」の字は総務省のお役人が書いていたようです。
特に書道の先生や師範にお願いしたわけでもなく、お役所の事務仕事のひとつとなっていたところが意外ですね。

天皇陛下の譲位を実現すべく「譲位特例法案」が成立し、
平成31年4月30日に「退位礼正殿の儀(仮称)」が開催されることが決まり、新元号の予想が早くも盛り上がっています。

もちろん新元号の発表は2019/1月現在ではまだ公表されていません。

各社マスコミもこぞってビッグスクープネタとして調査はしていますが、
万が一総理の正式発表よりも前に、漏れてしまうと、急遽変更になる可能性がありますので現段階では当然分かりませんし、ネタをつかんでも、なかなか公表はできないでしょう。。

新元号に関する法律

改元に関する法律は

”昭和五十四年法律第四十三号
元号法
1 元号は、政令で定める。
2 元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。
附 則
1 この法律は、公布の日から施行する。
2 昭和の元号は、本則第一項の規定に基づき定められたものとする。
出典:e-Govウェブサイト(http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=354AC0000000043)”

 

結局新元号の予想は

予想は、現段階ではまだ不明です。

ツイッターの一部にはAがつく漢字2文字ではなど、予想されてますが基本的には元号選定のガイドラインが決められていて

・書きやすい漢字2文字

・過去に使われていない

・明治・大正・昭和・平成などのイニシャルのアルファベット
M・T・S・Hと被らないこと

等の条件があるようです。

平和・和平・案久と報じているメディアも多いようですが、
平和はHが続くのでなさそうです。

マスコミ各社も、情報をつかめばビッグスクープとなるだけに、調査にも力が入るでしょう。

実際、情報をつかんでも事前報道は難しいでしょう。

もし掴んでも総理の発表と同時に報道する程度ではないでしょうか。

過去の元号は何がある?(戦国時代以降)

●明治以降
明治・大正・昭和・平成
●江戸時代
元治・元和 ・ 寛永 ・ 正保 ・ 慶安 ・ 承応 ・ 明暦 ・ 万治 ・ 寛文 ・ 延宝 ・ 天和 ・ 貞享 ・ 元禄 ・ 宝永正徳 ・ 享保 ・ 元文 ・ 寛保 ・ 延享 ・ 寛延 ・ 宝暦 ・ 明和 ・ 安永 ・ 天明
寛政 ・享和 ・ 文化 ・ 文政 ・ 天保 ・ 弘化 ・ 嘉永 ・ 安政 ・ 万延 ・文久
●安土桃山時代
天正 ・文禄・慶長
●戦国時代
応仁 ・ 文明 ・ 長享 ・ 延徳 ・ 明応 ・ 文亀 ・ 永正 ・ 大永 ・ 享禄 ・ 天文 ・ 弘治 ・ 永禄 ・ 元亀

過去に使われた漢字です。